PC教室

太極拳

健康吹き矢

こぶし会

みんなdeEnjoy

子ども会

あじさいイーグルス

セプテムドッシボール

花桃の会

囲碁将棋クラフ

グランドゴルフ

ゴルフクラブ

坂川の花桃を愛する会  ようこそあなたは アクセスカウンター のお客様です                 (2546)




第9回文化講演会 (22.12.01)

12月1日、新松戸交流会館にて、花桃会主催の第9回文化講演会を行いました。
今回の講師のお二人はどちらも新松戸7丁目にお住まいの方です。
一人目の須藤様は千葉大大学院で博士号を取得された理学博士です。演題は「遺伝子の不思議と謎」。遺伝子は壊れやすいが修復も可能、ただしあまりそれを繰り返すと癌などの病気にかかり易くなる。そして壊れる原因の一つが過度の飲酒・喫煙とか。「健康のため飲みすぎ・吸い過ぎに注意しましょう」との注意は真実でした。
写真をクリックしてください

お二人目は、七丁目町会長、新松戸町会連合会会長、新松戸郷土資料館長等を務められた大井様。今年91歳になる、新松戸の歴史を知る生き字引です。
基本的に湿地帯であり、宅地開発のメリットが無いと言われたこの新松戸地区を当時の市長の手腕と、地元の地権者の方たちの努力により、現在の新松戸を作り上げたとのお話です。延べ台数20万台以上のダンプカーを使って土壌改良を行ったというスケールの大きさ、ディベロッパー方式により見事なマンション街を作り上げたという先人の知恵と努力に大変感動しました。
当日は冬到来を思わせる寒さにも関わらず、会場は満席で皆さん熱心に講師の方たちのお話に聞き入っていました。

写真をクリックしてください



       



国交省の施設など見学会 (22.11.03)
11月6日(日)春日部の「首都圏外郭放水路」と関宿の「千葉県立関宿城博物館」の見学会を行いました。
この見学会は、新松戸七丁目地域の住民が最も関心が高い「治水」について、大いに学
ぶ機会となりました。
当日はこの秋一番の秋晴れ。西小の先生方を含む花桃の会の会員等31名が松戸市の用
意してくれたバスで午前中は「首都圏外郭放水路」の見学へ。ここは春日部の地下50メートルに建設された巨大なドームです。 さながら地下宮殿そのもので、埼玉県南部の中小河川が台風等により増水した際、その水を取り込んで江戸川に計画排水し、埼玉や東京など首都圏を洪水から守るための壮大な地下の人口池です。その規模のすごさに驚くばかりでした。

写真をクリックしてください

  午後は一転してのどかな場所「関宿」へ。ここは利根川と江戸川が分岐する場所で、ここに建てられた関宿城博物館です。
江戸時代この地に城が築かれ、江戸との物流拠点としてここは利根川と江戸川を使った
水運が発展、その様子が展示されていて、今回のこの二つの施設の見学会は、大変面白くまた多くのことを学びました。写真をクリックしてください

写真をクリックしてください


       



芋ほり大会 (22.10.29)

毎年恒例となりました「芋ほり大会」は、天気にも恵まれ、お芋が見つかるたびに
あちこちから歓声が湧き、ひと時を楽しく過ごすことが出来ました。
参加頂いたのは西小1年生5年生:110名、子供会:120名、学童:75名、クラブ:30名
と沢山の子供たちと父母の皆さんでした。
準備及び運営に当たった「坂川の花桃を愛する会」の皆さん本当にご苦労さまでした
写真をクリックしてください
 




「ドジョウの放流会」(2022/6/28)

真夏のような暑さの日が続きますが、そんななか新松戸幼稚園の年長さん100名の園児のみなさんと、旭町水辺広場の池にドジョウ約1000匹(愛知県豊橋市産)を放流しました。
3班に分かれて園児たちが幼稚園バスで到着し、会の顧問の大井さんのお話のあと「大きくなって」と言いながら早速放流しました。
初めてドジョウを見る子や、ポリバケツのドジョウに触ってその感触にビックリする子、あちらこちらで歓声が上がっていました。中には「このドジョウは何処のドジョウ?どこから来たの?」や「何が餌?」など大人びた質問をする子もいました。
放流を待つ間は、草原の「アカツメクサ」の花を摘んだり、バッタやカマキリを追っかけたりして、暑い中を園児たちは元気に楽しい時間を過ごしていました。
 朝から準備し実施した私たちも、子ども達の笑顔に癒され、暑さを忘れ一緒に楽しむことが出来ました。      <坂川の花桃を愛する会>

写真をクリックしてください





「稚魚の放流会」(2021/11/27)

「花桃の会」は、11月27日コロナ渦で出来なかった恒例の行事「モロコの稚魚放流」を横小脇の坂川親水護岸で行いました。
この坂川への放流活動は、2018年6月の「ニホンナマズの放流」に続くものです
この日、地域の小学1年生から4年生までの児童20数名と保護者など60名あまりが参加しました。  開催会場の(国交省北千葉導水路管理センター(酔水倶楽部)でビンゴゲームや綿菓子作りチャレンジ体験などで始まり参加者は大いに楽しんでいました
その後、親水護岸に移動して本日のメインイベント「稚魚の放流」を行ないました。
初冬の澄み渡った空の下、川面には沢山のカモと鵜。その側で子ども達が小さなバケツからモロコを「大きくなって」と言いながら坂川に流し込み放流しました。
この日放流したモロコの稚魚催し物10Kg。数千匹です。
放流後はまた酔水倶楽部に戻り、その昔、大国主命が日本に来る時に乗って来たと古事記に記されている植物、「ガガイモ」の中の綿毛(種子)に願いを込めて、みんなで大空に飛ばしフィナーレとしました。
写真をクリックしてください






芋ほり体験 (21.10.9)

当会恒例の秋の行事、新松戸西小脇の畑での「サツマイモ掘り」を、10月9日(土)の西小児童をかわきりに子ども会やスポーツクラブ、学童クラブなど、地域の子ども達を招いて今年も順次行っ
ております。
今年は秋の長雨もあり作柄を心配しましたが、掘ってみてビックリ、大きなお芋が沢山とれました。
一生懸命畑と格闘している子ども達の笑顔が私たちを癒し、また来年も頑張るぞ!との思させま
した



   

 



「坂川放水路」の源流を訪ねて(2020/9/29)

 9月29日に、7丁目・五番街・西パーク・弐番街の皆さんと総勢43名(市職員3名含む)で、「坂川放水路」の源流を訪ねて来ました。 主催した「坂川の花桃を愛する会」は、坂川流域の自然環境向上を目的に活動しておりますが、普段接している坂川の実態を今回は確認していただくため、国交省松戸市の全面協力を頂き企画しました。
視察箇所は利根川〜手賀沼〜野々下水辺公園〜松戸排水機場〜柳原排水機場で、坂川の水質・治水・自然環境について意見の交換をしながら、一日じっくりと視察しました。
坂川についてはこれからも課題を見据えて皆さんと観察を続けていきたいと思います。

写真をクリックすると拡大します


北千葉揚排水機場1 2利根川取水口 北千葉用排水機場3

北千葉第二機場 5手賀沼に放水 坂川口



7柳原水閘






[西小4年生へ出前講座」(2019/10/17)

  10月17日(木)の3時限、新松戸西小学校4年生2クラスを対象にした花桃の会有志
  による出前講座が行われました。
  当日は旧新松戸郷土資料館が作成した紙芝居「坂川物語」と、西小の前校長松野さん
  の編集した紙芝居を補完するCD映像の上映が行われ、子供たちにとってふるさと新松
  戸の川「坂川」の歴史を一緒に学びました。
  授業の終わりには坂川クイズで大盛り上がり。楽しい時間を一緒に過ごしました。






坂川を愛する会

(原稿募集中)